トップページ

download

応援団募集中 自主上映会 メイジャー チケットぴあ

最新情報

information

イントロダクション

introduction

聴こえる[わたし]が見つめる、聴こえない両親の世界
表情ゆたかな手話が交差する、静かだけれどにぎやかな家族のものがたり

イントロダクションサッカー選手を目指した青年が、ある日教会で出会った美人の娘にひとめぼれ。青年と娘はやがて夫婦になり、ふたりの子どもを授かりました。つつましく暮らすどこにでもある家族ですが、他とちょっと違うのは、夫婦は耳が聴こえず、その子どもたちは聴こえるということ。
泣き声が聴こえず、片時も目をはなせない育児は大変な苦労でした。子どもたちには、幼いころから手話通訳をさせたり、理不尽な差別に悩ませてしまいましたが、夫婦は子どもたちを明るく愛情いっぱいに育てました。早く大人になろうとした自立心あふれる姉と弟のきょうだいは、20代になり、親から離れる時期を迎えています。外の世界を知ることで、音のない世界と音であふれる世界のはざまにいる自分たちを徐々に受け入れてきました。耳の聴こえない両親への心配は絶えませんが、自分の将来について、それどころではありません。
聴こえない人たちは、ときに手をたたく代わりに手のひらを高くあげてひらひらときらめかせます。それは、もうひとつの世界へといざなう音のない拍手なのです。

韓国の若き女性監督が見つめる、音のない家族のかたち
やわらかな視線でつむぎだす、両親へのプレゼントのようなドキュメンタリー

イントロダクション耳の聴こえない父母の日常を、娘の目線からつつましく切り取ったこの作品は、2015年に韓国国内でロードショー公開され、山形国際ドキュメンタリー映画祭2015「アジア千波万波」部門で特別賞を受賞するなど、多くの観客にあたたかい感動とともに迎えられました。
監督のイギル・ボラは、韓国国立芸術大学でドキュメンタリーをまなんだ27歳の才媛で、本作が劇場公開デビュー作。繊細な語り口で自身の家族を見つめる視線はやわらかく、「コーダ」(CODA:Chirdren of Deaf Adults)としての葛藤も交えながら、聴こえない人たちの日常をこれまでにない親密な距離でつむいでゆきます。この映画は、大人になった娘が、両親から受け取ったたくさんのものへ、まるでプレゼントを返すように撮られたドキュメンタリーです。

登場人物

character

父サングク父|サングク

「引っ越したい。田園住宅に…。 でも怖い。人里離れた所で耳も聞こえないから泥棒に入られそうで」
妻ギョンヒを誰よりも愛する純情なロマンチスト

写真とサッカーが好きだった少年。小学生の頃は立派なゴールキーパーになるのが夢だったが、それだけでは食べていけないので、ボールの代わりに木をいじり、カンナで木を削る大工になった。そんな中、ソウルのある教会で出会ったギョンヒに一目ぼれし、恋煩いになるほど熱烈なプロポーズの末、ゴールインする。 今は2人の子どもの父であり、平凡に田園生活を送るのがささやかな夢。しかし、その夢は子どもたちが世界との通訳をしてくれなければ叶いそうにない。

母ギョンヒ母|ギョンヒ

「20歳を過ぎたのに、まだお乳をあげなきゃならないの? ダメ。終わり。独立させなきゃ」
エキゾチックなルックスで一時、マドンナとなる。 クールな性格で現実的な母

駆けっこに才能があった少女。ロシアのダンサーのようなエキゾチックな美貌で、あまたの男たちを虜にしてきた。教師になることを夢見ていたが、障がい者は先生になれないと言われ、ミシン縫製工にならなければならなかった。そんな中、ソウルのとある教会で出会ったサングクが恋煩いにかかったという知らせを聞いて心を開き、彼と夫婦の縁を結ぶ。今は2人の子どもの母。 音を聞くことはできないが、子どもたちを立派に育てたいと思った母は、泣き声が聞こえないため、目を凝らしたまま徹夜して乳を飲ませた。だから、暗い夜がいつも怖かった。 ネギを刻む瞬間も、おむつを洗濯しながらも目を離せなかった母は、厳しい親心で子どもたちを世界の外に送り出す。

弟グァンヒ弟|グァンヒ

「難しかった。 見ず知らずの人に電話して自分でもよく知らない内容を3、4回尋ね、 両親に伝えることは」
世間の視線を浴びて、あまりにも早く分別がついた

末っ子としてかわいがられるのも束の間、両親が共働きだったため、30分以上離れた"子どもの家(保育所)"に姉と一緒に行かなければならなかった。 彼は両親のことでからかわれることもあったが、誰よりも優しい弟、優しい息子だった。彼も姉と同じように、聞こえる世界と聞こえない世界の間で誰よりも悩む青少年時代を送り、障がいを持つ両親の息子としてではなく、ありのままの自分、イ・グァンヒとして生きたかった。 成長した彼は姉に続いて独立を宣言し、自らカフェを作り、バリスタの道を歩いている。

わたし ボラわたし|ボラ

「聴こえる世界と聴こえない世界は並行して時にぶつかるけど、どちらの世界もきらめいているんだ」
負けず嫌いで自立心あふれる長女

幼いころから両親を助けながら、障がいを持つ親を持っているからこそ、いい子になれるように、勉強も運動も人一倍がんばってきたボラ。 全寮制の進学校に入ったが、猛烈に外の世界を知りたい欲求にかられ、両親の反対を押し切って高校を中退してインドや東南アジアを旅することになる。外の世界では、常に関わらざるを得なかった「音のない世界」を気にせずに、自分のことだけを考えていればよかった。しかし、距離を取ったことで初めて、父と母の世界の魅力を発見することになる。彼女はその魅力を探るため、世の中に伝えるためにドキュメンタリー映画を作ることにしたのだった。

予告編

trailer

劇場情報

theaters
地域 公開日 劇場 お問い合わせ 備考
東京 4月16日 下高井戸シネマ 03-3328-1008 上映終了
東京 6月10日(土)~7月21日(金) ポレポレ東中野 03-3371-0088 上映終了
愛知 7月15日(土)~8月4日(金) 名古屋シネマテーク 052-733-3959

上映終了

神奈川 8/26(土)〜終映日未定 シネマ・ジャック&ベティ 045-243-9800 8/26(土)〜9/1(金)15:40/※終映日未定
神奈川 10/7(土)〜20(金) アミューあつぎ映画.comシネマ 046-206-4541 上映時間未定
大阪 9月2日(土)~29日(金) 第七藝術劇場 06-6302-2073 9月2日(土)~9月8日(金) 11:50/18:00(1日2回上映)/9月9日(土)~9月15日(金) 13:45(1日1回上映)/9月16日(土)~9月22日(金) 10:00(1日1回上映)/9月23日(土祝)~9月29日(金) 11:30(1日1回上映)
兵庫 10月7日(土)~20日(金) 神戸アートビレッジセンター 078-512-5500 連日15:40~/※火曜定休
京都 未定 京都シネマ 075-353-4723 上映時間未定
新潟 未定 新潟市民映画館シネ・ウインド 025-243-5530 上映時間未定
鹿児島 10月21日(土)~27日(金) ガーデンズシネマ 099-222-8746 上映時間未定

お問い合わせ

contact
配給:ノンデライコ 宣伝:Regard
〒161-0034 東京都新宿区上落合2-28-27 上落合スタジオ
TEL:090-9304-3275
MAIL:nondelaico777@yahoo.co.jp